セミナー情報

  • 経営改善セミナー

  • 整形外科の報酬と
    税務調査への正しい理解
    第1部「介護保険と整形外科診療報酬」
    第2部「医療機関の税務調査」

  • 必見 Dr’sパートナーセミナー

  • 公開セミナー&システム展示会2014
    「医院機関の税務調査対策」
    「個別指導対策講座」

セミナー一覧はこちら

消費税対応のポイント

現在の医療法人制度について

医療法に見る医療経営環境変化

メルマガ

MedicalLife クリニックマーケティング促進

医院・クリニック経営支援

クリニック・医院の開業後、経営者には様々な課題が振りかかってきます。
税務対策・経営改善/拡大・接遇改善・労務関連などの様々な経営課題に対して、適切な処置を行なっていくことがクリニック・医院運営のコツです。

MMSでは各分野の専門家が、クリニック・医院の経営者に対してアドバイスを日々行なっております。

医院・クリニック経営支援 -事例で見る経営支援-

事例1

開業したが来院数が一向に増えない。場所を移転したほうが良い?

開業しても患者数がちっとも増えない——。
その最終的な対応策の一つが移転である。ただ、軽率な判断は禁物。
移転を決断する前に、何を検討する必要があるのか。
移転して成功するには、どんなポイントがあるのか。今回は、移転に関する留意点を提示する。

株式会社MMS代表取締役 佐久間 賢一

クリニックばんぶう 掲載

事例2

経営が軌道に乗り次のステップを模索。分院展開のタイミングやメリットを知りたい。

診療所の場合、一般的に開業してから5~7年ほどで経営が安定してくるといわれている。
主な医療機器のリースが終了し、手元に多くの現金が残るからだ。
自院の発展を考える際、次のステップとして選択肢の一つとなり得るのが分院の開設。
メリットだけでなく、デメリットもきちんと押さえた上で検討したい。

株式会社MMS代表取締役 佐久間 賢一

クリニックばんぶう 掲載

事例3

雑務をせずに診療に集中したい。事務長制の成否のポイントは?

思い描く理想の医療を追求するために開業したのに、気づけば人の確保や業者との折衝など、マネジメント業務に追われている…
そう感じている院長は少なくないだろう。
最近は、病院と同じように診療以外の業務を管理する「事務長」を配置している診療所も珍しくないが、うまく機能せず結局廃止してしまったというケースも多い。
事務長制を機能させるには、役割を明確にして院内でのポジションを高める院長の働きかけが重要だ。

株式会社MMS代表取締役 佐久間 賢一

クリニックばんぶう 掲載

事例4

医療法人化を検討したい。メリット・デメリットを教えて!

開業時に借り入れた資金などの返済が終わると、途端に手元に残るお金が一気に増える。
診療所の成長期にあたるこの時期には、事業拡大や節税対策などで院長の多くが医療法人化を検討する。
開業から10年目に入ったK内科クリニックもリースアップとなり、法人化すべきかどうかを悩んでいる。
今回は、手続きなどの基本的なことも含めて、医療法人化のポイントを解説する。

株式会社MMS代表取締役 佐久間 賢一

クリニックばんぶう 掲載

事例5

東日本大震災の被災地以外の診療所が心がけておくべきことは?

3月11日の東日本大震災による影響は、被災地以外にも及んでいる。
避難民への診療をはじめ、計画停電による電子カルテの管理や患者・スタッフへの対応など、困惑する院長の声も少なくない。
見通しがつかない状態が続くといわれ数多くの人が不安を抱えるなか、医療機関だからこそきちんとした対応を心がけたい。

株式会社MMS代表取締役 佐久間 賢一

クリニックばんぶう 掲載

事例6

高層階で整形外科を開業。集患方法を教えてほしい。

整形外科は高齢者や、関節に痛みを覚えがちな中年層をターゲットに、戸建てのほかテナントでも低層階で開業するケースが一般的だ。
高層階での開業で成功するには、どんな方法が考えられるだろうか。
駅前や商店街以外の目立たない立地などでの集患方法を含め検討する。

株式会社MMS代表取締役 佐久間 賢一

クリニックばんぶう 掲載