疑問や質問を無料で専門家に相談!ドクター支援Q&A

医院の経営や開業後の不安などドクターの疑問・質問に医院開業・医院経営の専門家が無料でお答えします。
Q&Aは登録者以外には非公開で、またドクターの名前・所属医院・クリニック名なども公開されませんので安心してお使いください。

会員登録(無料)はコチラ 質問サンプルを見る
既に登録がお済みの方はこちら

メールアドレス

パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら »

質問カテゴリ一覧
新着質問

質問の内容や回答を閲覧するには、
会員登録(無料)が必要になります。

セミナー情報

  • 経営改善セミナー

  • 整形外科の報酬と
    税務調査への正しい理解
    第1部「介護保険と整形外科診療報酬」
    第2部「医療機関の税務調査」

  • 必見 Dr’sパートナーセミナー

  • 公開セミナー&システム展示会2014
    「医院機関の税務調査対策」
    「個別指導対策講座」

セミナー一覧はこちら

消費税対応のポイント

現在の医療法人制度について

医療法に見る医療経営環境変化

メルマガ

MedicalLife クリニックマーケティング促進


最新の質問 NEW!

(全 7 件)
  • 眼科開業

    再来年の春に眼科の医療法人として開業を目指しております。 コンタクトレンズの会社を作って併…

    【カテゴリ:開業準備回答数:1 件

  • 契約院長の相場

    医療法人の無床の整形外科クリニックです。(テナント) 1)院長引退後、管理者(院長)を契約…

    【カテゴリ:その他回答数:1 件

  • 事業承継

    医療法人の出資持ち分を子どもに渡したいのですが、どうしたらよいでしょうか。

    【カテゴリ:税務・節税対策回答数:1 件

  • 法人への貸し付けと返済

    法人化して1年のクリニックです。 法人化の際に運転資金の用意がなかったので、院長個人が1年…

    【カテゴリ:税務・節税対策回答数:1 件

  • 無料送迎サービス

    無料送迎サービスは療養担当規則に抵触するでしょうか。

    【カテゴリ:その他回答数:1 件

  • 開業物件の建築設備

    消化器外科の開業のため不動産情報を収集しています。 消化器外科の特定の検査などのため、…

    【カテゴリ:開業準備回答数:1 件

  • 職員の待遇・処遇の改善計画

    現在大学病院で内科医として勤務しており、将来的に地元のかかりつけ医的な立場で開業を考えていま…

    【カテゴリ:労務関連回答数:1 件

(全 7 件)

様々な質問に私たち専門家がお答えします!

医院・クリニックの開業支援・経営支援のスペシャリストがあなたの疑問・質問に無料でお答えします。
質問および回答の内容は医師である会員以外には非公開のため、安心してご質問することが可能です。

MMS代表取締役
佐久間 賢一

弁護士
佐藤 仁良 氏

社会保険労務士
高橋 友恵 氏

診療報酬専門
細谷 邦夫 氏

ドクター支援Q&A 質問サンプル

会員様の質問内容と、専門家の回答のサンプルです。
会員登録をすると、他の会員に個人情報を公開することなく、質問を投稿することが可能です。

開業したが来院数が一向に増えない。場所を移転したほうがいい?

都心から少し離れた住宅街に内科を開業して2年くらい経ちました。

すでに周辺地域に医院の情報は行き渡っていると思うのですが、上手く患者数が伸びません。
大体1日に20人程度です。

開業コンサルタントの立案した資金計画では、今の状態では移転を考えざるを得ないのですが、
解決法としてどのようなことが可能でしょうか?

また立地以外に改善する項目はどのようなものがあるでしょうか?

2013/07/31 18:35【カテゴリ:開業準備】

1 件の回答があります

佐久間 賢一
<MMS 代表取締役>

A 専門家の回答

回答日時:2013/07/31 12:00

1日当たりの患者数が伸び悩んでいると、つい「場所が悪いのでは」と立地のせいにして移転を考えがちですが、まずは十分に現状を分析し、そのうえで移転を検討することをおすすめします。

移転するとなれば当然、資金が必要になり、開業した際の借金が残っているとダブルコストとして負担が大きくなるからです。
過去に、生活にまで支障が出て、泣く泣く勤務医に戻ったケースを知っています。

検討すべきポイントの1つは、立地や事前の診療圏調査が本当に適正だったかどうかということです。

診療所は、飲食店などのように駅前の路面店である必要性はありませんが、アクセスは重要。
明らかな立地の選定ミスが生じないよう、事前に冷静に見極めることが必要です。

検証すべきもう1つのポイントは、医師の姿勢です。
患者数が伸びない原因には、「患者さんの話を聞かない」「患者さんの目の前でスタッフを怒鳴る」など、院長の問題行動があることも少なくありません。

良かれと思ってとっているふだんの行動が実は患者さんの不満につながっている可能性もあります。
患者さんに対してアンケート調査を実施するなど、どういう評価を受けているのか、客観的に気づく“機会”をつくるといいでしょう。

確かに、診療所は場所が重要です。しかし、それがすべてではありません。
「場所さえ変われば患者数が増える」と思うのは幻想。

繰り返しますが、すべてやり切ったかどうかを確認してから、移転を検討すべきです。

佐久間 賢一 <MMS 代表取締役>

国内最大級のKPMG税理士法人にて医療機関に対する税務・会計・コンサルティングを行う専門部署を立ち上げ、多くの新規開業支援業務に責任者として20年近く携わる。

平成21年41月より現職。(公社)日本医療経営コンサルタント協会 理事、TKC病院会計システム委員会委員、医師会でのセミナー講演、医業経営雑誌への連載等、多数。

ドクター支援Q&A 無料会員登録

以下のフォームからご登録ください。

医師免許を持つ方のみ登録が可能です。
入力後、内容をご確認させていただくため医師番号の入力をお願い致します。

必要事項のご入力
お名前 ※必須
結婚等でお名前が変わっている場合、
医師免許登録時のお名前をご入力ください。
医師登録年 ※必須
貴医院名/所属医院名
※必須

(入力例:MMSクリニック)
診療科目※必須
医院所在地(都道府県のみ)
※必須

メールアドレス ※必須
(入力例:info@mms-g.co.jp)
パスワード ※必須
パスワードは8文字以上20文字以内、
半角英数字(0~9, a~z, A~Z)で入力してください。